“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

U-17W杯出場をかけた運命の一戦!
“02ジャパン”と森山監督の正念場。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/09/28 17:30

U-17W杯出場をかけた運命の一戦!“02ジャパン”と森山監督の正念場。<Number Web> photograph by Takahito Ando

U-16日本代表の選手たち。試合中継は、CSテレ朝チャンネルで30日(日)の17時25分からライブ放映される。

ピッチ、天気、宿泊の不安要素。

 このマレーシア戦を森山監督は「決勝トーナメント1回戦」と位置づけていた。それほど気合を入れて臨んでいた選手達は、指揮官の熱い思いに、十分以上に応えてみせた。

 翌日の試合。37分にFW唐山翔自(ガンバ大阪ユース)のゴールで先制すると、安定した試合運びを見せる。そして後半アディショナルタイムにMF成岡輝瑠が貴重な追加点を決めて、2-0の勝利。見事に「仮想・決勝トーナメント1回戦」を勝利し、グループリーグ突破を手にした。

「アジアは一筋縄ではいかないと言うことは、これまでの先輩達の結果を見ても分かるし、ずっとゴリさん(森山監督の愛称)を始め、多くの人たちに言われてきましたから。

 当然、ピッチや気候、ホテルでの生活など環境もそうだし、異様な雰囲気を感じることがあるかもしれないので、そこでいかに自分のプレーが出せるか。そこに集中して必ず結果を持って帰ってきたい」

 02ジャパン不動のエースストライカーであるFW西川潤(桐光学園高)が出国前にこう語っていたように、彼らはこの3戦で、しっかりアジア最終予選の厳しさを痛感できたことだろう。

「衝撃的だった」同世代のイングランド。

 そんな多くのアクシデント、苦労もすべて貴重な経験なのである。「アジアの戦いは甘くない」という先輩たちの格言を、身を以て経験したことで、彼らの闘争本能にも火が点いたはずだ。

 苦しみながらも掴んだ世界への挑戦権――前回の「00ジャパン」はインドで開催されたU-17W杯において、同世代の世界中の才能ある選手たちとガチンコ勝負ができた。そして、その経験から多くのものを学び取り、早くもJリーグの舞台で躍動している。

 特に、「00ジャパン」のメンバーが口を揃えて「衝撃的だった」と語る決勝トーナメント初戦のイングランド戦はとてつもなく大きな財産となっているようだった。

【次ページ】 「ここからさらに差が広がっていくから」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森山佳郎
久保建英
瀬古歩夢
堂安律
イ・スンウ
唐山翔自
成岡輝瑠
西川潤

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ