ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

1年前はテスト生、今や本塁打王争い。
DeNAの救世主ソトが覚醒した理由。

posted2018/09/30 11:30

 
1年前はテスト生、今や本塁打王争い。DeNAの救世主ソトが覚醒した理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

2カ月連続で二桁本塁打はセでは'02年松井秀喜以来。マルチ本塁打も球団記録の'16年筒香嘉智の9回まであと1回と迫る。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今季、横浜DeNAベイスターズにおいて打線の救世主となったプエルトリコ出身のカリビアンは、約1年前、日本では“無名”だったころの自分を思い出す――。

 DeNAが日本シリーズでソフトバンクと戦っていた真っ只中の10月31日~11月1日、初来日した当時28歳だったネフタリ・ソトは横須賀の二軍球場でDeNAの入団テストを受けていた。NPBへの挑戦は、米マイナーリーグで伸び悩み、新天地を求めた自らの売り込みだった。日本で活躍できれば、きっと道は拓けるはずだ。

 ソトはテストを終えると、その足で試合が行われていた横浜スタジアムへ向かった。カクテル光線の中、王者ソフトバンクに劣勢を強いられながらも必死に食らいつくDeNAの選手たちの姿がそこにはあった。

 横浜ブルーのユニフォームをまとい戦う未来のチームメイトを見てソトは思った。

「早くこのチームの一員になって、結果を残したい」

HR量産でCS争いの原動力に。

 今季、その願いを叶えるがごとくソトは十分すぎる結果を出し、今やチームになくてはならない存在になっている。

 シーズン終盤まで規定打席未到達だったが本塁打37本(以下データは9月27日現在)、打率.306、OPS.985という数字は、言うまでもなくクライマックスシリーズ争いをするDeNAの原動力になっている。

 打順は2番、3番、5番、6番と目まぐるしく変わるも見事に順応し、また守備では本職のサード、ファーストではなく、過去あまり経験のない外野とセカンドを任され、若干不安定ながらもチームに多彩なオプションを与えている。

「任されたところをやるだけです。戸惑うこともあるけど、しっかりと準備したい」

【次ページ】 ラミレス監督とロペスの存在。

1 2 3 4 NEXT
ネフタリ・ソト
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ