欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

降格候補、まさかのプレミア上位。
ワトフォードのキャラと癖が凄い!

posted2018/09/28 17:00

 
降格候補、まさかのプレミア上位。ワトフォードのキャラと癖が凄い!<Number Web> photograph by Uniphoto Press

序盤戦で好スタートを決めたワトフォードのイレブン。並み居る強豪相手にレスターの再来となるか。

text by

吉江武史

吉江武史Takeshi Yoshie

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 リバプール、マンチェスター・シティ、チェルシーに続く4位に、見慣れない名前がある。

 プレミアリーグ開幕前は降格候補にも挙げられていた弱小ワトフォードにとって、最初の6試合で4勝1分け1敗は堂々たる成績だ。「ホーネッツ(スズメバチ)」の愛称を体現するように、第4節では強豪トッテナムにも“ひと刺し”を食らわせた。その充実ぶりに、気が早い一部のメディアやファンは「新たなレスターか」と色めき立った。

 フォーメーションはいまどき珍しい中盤ボックス型の4-4-2。スタメンは開幕から完全固定。ここまで、ブライトンとの開幕戦を除く5試合でボール支配率が相手を下回っているが、プレッシングがよく効いていて、高い位置でボールを奪って即時発動するカウンターのキレ味もなかなかだ。

 シンプルながら規律正しく、強度の高いパフォーマンスは、なるほど2015-16シーズンに奇跡の優勝を成し遂げたレスターと通じるところがある。

レスターにたとえるなら……。

 レスターにたとえるなら、このチームには「リヤド・マフレズ」と「ジェイミー・バーディー」がいる。マフレズ役はロベルト・ペレイラ。元ユベントスのアルゼンチン人MFは、アリエル・オルテガに憧れるファンタジスタだ。それでいて、ボールリカバリーの回数がチームでトップクラスの選手でもあり、現チームの戦術にもよくフィットしている。

 バーディー役は、エースで主将のトロイ・ディーニー。ワトフォード生まれのボクシング世界ヘビー級統一王者、アンソニー・ジョシュアと親友だという彼は、自身もプレミア屈指のパワーを持つヘビー級のFWだ。

 ガッチリと前線でボールを収めることができるし、デュエルにも滅法強い。バーディーとは比較しがたい鈍足だが、アマチュアから這い上がってきたキャリア、労をいとわず前からガツガツとボールを奪いにいく姿はレスターの英雄と似通っている。

【次ページ】 練習遅刻は1分につき100ポンド。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ワトフォード

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ