有料記事一覧ページ新設のお知らせ

濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

DDT王座戴冠の里村からアイドルまで、
女子プロレス、夏の百花繚乱。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byDDTプロレスリング

posted2018/09/12 10:00

DDT王座戴冠の里村からアイドルまで、女子プロレス、夏の百花繚乱。<Number Web> photograph by DDTプロレスリング

里村明衣子は、9月4日のDDT新木場大会では6人タッグマッチで入江茂弘とも真っ向勝負。9.23後楽園大会では里村vs.入江vs.ディーノの3WAY王座戦が行なわれる。

知名度は「馬場、猪木、サスケ、里村」。

 里村は仙台に本拠地を置く団体の代表でもある。9月4日のDDT新木場大会でチームを組んだ宮城出身のMAO曰く「楽天やベガルタと一緒にスポーツニュースで『仙女(センダイガールズ)』の試合が流れるんですよ」。何本ものCMに出演している里村を「1日に5回くらいテレビで見てましたね」とも。

「宮城の年配の人たちにとっても、レスラーといったら馬場、猪木、サスケ、里村っていうレベル。組むことができて本当に光栄でした」

 誰とでも対等に闘うというのはリングだけのことではない。地方都市のスポーツビジネス、その最前線で存在感を発揮してきた女性経営者としての言葉でもあるのだろう。里村の戴冠には「世の中の女性たち」すべてに届く普遍性がある。そこにプロレスならではの象徴性、時代の精神を反映した寓話性も重なっていると言えばいいだろうか。

 もちろんそれは“女子プロレス界の横綱”とも呼ばれる里村の力量があって初めて成り立つものだ。同時に、里村がいわゆる“男勝りの怪物”といったイメージの選手ではないことも強調しておきたい。

藤本つかさは“女子プロ全盛期”を目指す。

 里村の快挙に限らず、この夏は女子プロレスの新たな可能性を感じさせる出来事がいくつかあった。

 8月26日には、アイスリボンが2年ぶりに横浜文化体育館でのビッグマッチを開催している。メインイベントでシングル王座ICE×∞のベルトを防衛、自身のデビュー10周年大会を締め括ったのは取締役選手代表でもある藤本つかさだった。

「女子プロレスを全盛期に戻したい」

 そう藤本は言う。目標の1つは地上波全国中継の実現だ。横浜文体でのビッグマッチは「またやりたい、じゃなくやります」と宣言した。

 日本武道館や東京ドームに進出する夢も口にしている。観客だけでなく選手も増やしたい、たくさんの女性にプロレスを体験してほしいという藤本には「47都道府県出身の選手をデビューさせて、全都道府県で凱旋興行をやりたい」という野望もある。

【次ページ】 “インディー化”していた女子プロレス。

BACK 1 2 3 4 NEXT
高山善廣
センダイガールズプロレスリング
里村明衣子
杉浦貴
プロレスリング・ノア

プロレスの前後のコラム

ページトップ