濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

DDT王座戴冠の里村からアイドルまで、
女子プロレス、夏の百花繚乱。

posted2018/09/12 10:00

 
DDT王座戴冠の里村からアイドルまで、女子プロレス、夏の百花繚乱。<Number Web> photograph by DDTプロレスリング

里村明衣子は、9月4日のDDT新木場大会では6人タッグマッチで入江茂弘とも真っ向勝負。9.23後楽園大会では里村vs.入江vs.ディーノの3WAY王座戦が行なわれる。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

DDTプロレスリング

 8月31日の高山善廣支援大会『TAKAYAMANIA EMPIRE』(後楽園ホール)でセンダイガールズプロレスリングの里村明衣子とタッグを組んだ杉浦貴(プロレスリング・ノア)は、試合後にこんな感想をツイートしている。

「彼女と組んで女子プロレスラーのイメージ変わった。

 ちゃんとした凄い選手もいるんだな」

 当たり前だ、今まで女子プロレスを何だと思ってたんだと苦笑してしまったが、里村の試合ぶりに驚くのも無理はない。迫力、殺気、貫禄、ありとあらゆる“強さの説得力”をこの選手は持っている。どれだけ“女子プロ音痴”な人間でも、たとえ偏見があったとしても、里村には目も心も奪われるはずだ。

「男とも対等に闘う」、里村の強烈なアピール。

 杉浦とタッグを組む3日前、里村はDDTのリングでKO-D無差別級王座を獲得している(8月28日、新木場1st RING大会)。

 女子選手も所属するDDTだが、基本的な分類としては「男子団体」だ。その頂点に位置するシングルのベルトを、里村は巻いたのである。

 男色ディーノを下し、女性として初のKO-D無差別級王者となった里村は、マイクを握ると王座奪取の意味を「世の中の女性たち」に向けて発した。

「もう我慢する時代は終わったんだよ。男と対等に勝負できないなんて思ってんじゃねえぞ! 私は男でも女でも、強い相手と対等に勝負していく」

 インタビュースペースでは、勝因を「女子プロレスで培ってきた、そこで生き残ってきた私の強さ」だと語った里村。

 リング上でのメッセージは以前から言いたいことだったようだ。

「女性だからといって一歩引いたり、我慢したり、そういう女性が弱音を吐くのを聞くことが多すぎて。だったら本腰入れて、対等にやってみろよと」

【次ページ】 知名度は「馬場、猪木、サスケ、里村」。

1 2 3 4 NEXT
高山善廣
センダイガールズプロレスリング
里村明衣子
杉浦貴
プロレスリング・ノア

プロレスの前後のコラム

ページトップ