ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

山根会長時代に起こったある事件。
井上尚弥を生んだU-15大会が消滅。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/11 11:00

山根会長時代に起こったある事件。井上尚弥を生んだU-15大会が消滅。<Number Web> photograph by Kyodo News

山根明前会長をめぐる騒ぎで評判を落とした日本ボクシング連盟。ジュニア世代でも問題が起きている。

井上尚弥らが巣立ったのに……。

 実際問題として、プロ側の協力なくして、十分なジュニアの育成ができないことは論をまたないだろう。プロ加盟のジムが全国各地にあり、そこで練習を積んだ選手がU-15 、UJに数多く出場しているのだ。

 10年でその歴史に幕を閉じたU-15からは、プロで3階級制覇を達成した井上尚弥や、アマで世界ユース選手権を制し、東京オリンピックでの活躍が期待される堤駿斗らが巣立っていった。つまり、結果を出していた大会でもあった。

 山根体制批判の声を上げたアマチュア会の有志でつくる「日本ボクシングを再興する会」はマニフェストの1つで「アマチュア連盟としてプロ団体とも協力しながらアンダージュニア選手が相互の練習会や競技会に出場できるような環境を整備します」とうたった。

 どのような形でもいい。ぜひともこの機会に、子どもたちの将来を考えた改革に取り組んでほしいと切に願っている。

 ことは山根おろしで終わりではない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山根明
井上尚弥

ボクシングの前後のコラム

ページトップ