ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

松山英樹「パット見て下さい」
慕われる谷原秀人と宮里優作の助言。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byYoichi Katsuragawa

posted2018/08/03 08:00

松山英樹「パット見て下さい」慕われる谷原秀人と宮里優作の助言。<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

2018年は試行錯誤が続く松山英樹。谷原秀人と宮里優作の助言はプラスとなるか。

アイアンショットは世界No.1だから。

 そのモチベーションで宮里は40歳手前にして賞金王になり、海外への道を切り開いた。キャリアが長くなればなるほど、調子の波の数が多くなるのは当然だ。

「ダスティン・ジョンソンでも、全英で予選落ちするんだよ」

 好結果が出ていないとはいえ、ふたりにとって松山は依然として眼を見張る存在である。

 紆余曲折あれど「技術は(高いレベルのものを)持ってるでしょう。そこはまったく衰えていない」と谷原は断言した。

「そこまで悪くなるという感じはないしね。ちょっとしたことで良くなりそう」

 そして宮里も。

「いや、もう……本当にすごいレベル。アイアンショットは世界ナンバーワンでしょう。それにショートゲームも。ボールに対して、ヘッドがあれだけ“カシッ”と入る選手はいない。プロだってだいたいは、“いっちょ噛み”(インパクトの前に芝や地面にわずかでもヘッドが触れること)。あれだけソリッドに打てる技術はすごい」

 松山が20代にしてたどり着いたポジションや感覚は、他の日本人では未踏の場所かもしれない。そういった意味で彼は孤独でもある。

 ただ、年齢には目もくれず高みに近づこうと奮闘する同志がいる。プロ生活が20年近くなったふたりにとっては、それぞれが難しい時期を乗り越えてきたことがプライドでもある。

 26歳の松山にとって、プロゴルファーという職業としてだけでなく、思いを同じにした人生の先輩がいることは幸運のひとつだと思う。

国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!
「ゴルフダイジェスト・オンライン」   http://news.golfdigest.co.jp/

コメントする・見る

関連コラム

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹
谷原秀人
宮里優作

ゴルフの前後のコラム

ページトップ