プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

オカダ・カズチカは壊れてしまった!?
G1クライマックス「笑顔」の大苦戦。

posted2018/07/25 11:00

 
オカダ・カズチカは壊れてしまった!?G1クライマックス「笑顔」の大苦戦。<Number Web> photograph by Essei Hara

「レインメーカー(大金を稼ぐ男)」というより、ちょっとプアな出で立ちになっている最近のオカダ・カズチカ。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 オカダ・カズチカが28回目を迎えた新日本プロレス真夏の最強戦士決定戦「G1クライマックス」で大苦戦している。

 オカダは開幕から2連敗。その後、どうにか2勝して、星取表をイーブンまで戻したが、まだ優勝には程遠い感がある。

 それというのも、オカダは大きく変わってしまったからだ。

 髪の毛を赤く染めただけではない。トレードマークのようだった派手なガウンも脱いで似合わない平凡なTシャツ姿。

 手書きでドル・マークを描いただけの、陳腐な風船をいくつか持って入場し、それを飛ばしたり、テレビカメラに殴りかかってみたり、なんか破れかぶれみたいで落ち着きがない。

 時折、ロープをかんだりもする。

 それもこれも6月9日に大阪城ホールでケニー・オメガに敗れて、IWGPヘビー級王座を失ったことに起因する。

いつの間にか別人になっていたオカダ。

 不動のIWGP王者だったオカダにとって、このまさかの敗戦は、相当堪えたようだ。

「大阪城ショック」
「ケニー・ショック」
「IWGP喪失症候群」

 病名は定かではないが、オカダはインタビューも断って沈黙。このG1クライマックスに姿を見せた時はもう別人になっていた。

 ちぐはぐな動きを見せるオカダは自信も失ってしまったようだ。

【次ページ】 ぎごちなく歯を見せて「ニーッ」と笑う。

1 2 3 4 NEXT
オカダ・カズチカ
ケニー・オメガ
棚橋弘至
バッドラック・ファレ
ハングマン・ペイジ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ