プロ野球PRESSBACK NUMBER

阪神から西武へのトレードで激変!
榎田大樹はなぜ輝きを取り戻せた? 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/07/26 10:00

阪神から西武へのトレードで激変!榎田大樹はなぜ輝きを取り戻せた?<Number Web> photograph by Kyodo News

勝利投手となって辻監督と握手する榎田。阪神時代の昨季はわずか3試合の登板にとどまったが、新天地でのプロ8年目で見事に復活。

投手は9人目の野手である、という意識。

 特に口酸っぱく言われたのは福岡大学時代だと振り返る。同じ左投手としてダイエーホークスで活躍したコーチの渡辺正和氏(現監督)から、ピッチングはもちろん、けん制球やフィールディングを磨くことの大切さを教えられた。

「自分でできることなんだからしっかりやろう、けん制と守備はできて当たり前にならないといけないとよく言われました。ピッチングのことよりも、むしろ守備のことをたくさん指導された記憶があります。

 それに高校も大学も、それほど部員数が多くなかったので、ノックの順番もすぐに回ってきた。ノックを受ける数も多かったのかもしれませんね。けん制は自分の身を救う部分もあるので、しっかり練習させてもらってよかったと思います」

 ピッチャーは9人目の野手であるという意識が高いと話す。

「目標はゲームをしっかり作ること」

 現在、ライオンズはゲーム差1.5(7月25日現在)で首位をキープしている。これからの戦いが正念場となり、榎田の好投がチームに与える影響は多大だ。

「目標はゲームをしっかり作ることですね。今、7勝2敗とうまく行っているけど、とにかくどんなに調子が悪くても、5回以上をしっかり抑えること。なるべく球数を少なくしてイニング数を多く投げることを目指します。とにかくゲームを作ってチームに貢献することを大事にして投げていきたいです」

 二桁勝利も手が届くところにある。

「もちろん10勝はしたいんですけど、負け数が多かったら意味がない。1つでも多く勝ち越すことを目指します」

 榎田はこれからも自分の与えられた場所で信頼を積み重ねる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
榎田大樹
辻発彦
埼玉西武ライオンズ
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ