野球善哉BACK NUMBER

野茂や大谷が切り開いた道の先へ。
16歳で渡米する結城海斗に幸あれ。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/07/12 11:00

野茂や大谷が切り開いた道の先へ。16歳で渡米する結城海斗に幸あれ。<Number Web> photograph by Kyodo News

結城海斗が下した「甲子園を目指さない」という決断は、現在の日本野球界では勇気がいる決断だったことだろう。

新しいマインドを持った世代が登場している。

 現在の大谷の姿は、メジャーリーグを遠い存在だと感じていた日本人に自信と誇りをもたらした野茂と重なっている。野茂や大谷が見せたのは、限界を突破していこうとする強い志であり、大谷の言葉を借りれば「目標のレベルが高くなれば、野球のレベルが上がる」というマインドに他ならない。

 今回、結城選手は菊池や大谷が目指した「高卒でのメジャー挑戦」よりさらに前の16歳でメジャーリーグの球団と契約を果たした。記者会見の映像を見る限り、結城選手の本気度は本物で、挑戦することへの恐れを感じている気配は全くなかった。

 そしてそれは、野茂英雄によって、大谷翔平によって開かれた扉の先を歩き、新しいマインドが日本でも登場していることの証左に思えて仕方がない。

 前例なき戦いには、これから大きな壁が立ちはだかってくるだろう。

 しかし、こうして前例を打ち破ろうとする先駆者の登場は、日本の野球に明るい希望をもたらす。

 日本野球界の発展の扉が、またひとつ、開かれるかもしれない。

関連コラム

BACK 1 2 3
結城海斗
大谷翔平
野茂英雄

MLBの前後のコラム

ページトップ