ステフィン・カリーの名言 

今日の名言 

今、ロッカールームに入っていき、チームメイトそれぞれ全員の顔を見て、自分がチームの優勝のために貢献できたという誇りを感じることができたら、それが僕にとっては何よりも大事なことなんだ。

ステフィン・カリー(NBA)

2018/07/15

2017-18シーズンのNBAファイナルはウォリアーズがキャバリアーズを4連勝で下し、2季連続、通算6度目の頂点を極めた。シーズン中は度重なる怪我に悩まされたカリーも、第4戦で37得点を挙げるなどファイナルで大活躍。圧倒的な存在感を示したが、ファイナルMVPは昨年同様、ケビン・デュラントに譲ることになった。「個人的な賞賛を受けることはすばらしい気分だし、それまでやってきた努力が報われるようなもので、誇りも感じる」と前置きしながらも、それよりも大事なのはチームに対する貢献だとカリーは言う。強がりでも、負け惜しみでもなんでもない。この謙虚さこそがカリーの魅力なのだ。

Number954・955・956号(2018/06/14)

日本代表、未来を懸けて。

Sports Graphic Number 954・955・956

日本代表、未来を懸けて。

 

人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ