球道雑記BACK NUMBER

甲子園でスター扱いドラ1の3年目。
ロッテ平沢大河は毎日が必死! 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/06/20 07:00

甲子園でスター扱いドラ1の3年目。ロッテ平沢大河は毎日が必死!<Number Web> photograph by Kyodo News

6月に発表された「マリーンズイケメン5」では2位に800票近い差をつけて優勝した。

筒香も山田も西川も3年目の飛躍だった。

 さらに平沢が話を続ける。

「技術的なことももちろんありますし、考え方とかもですよね。プロに入って最初の頃とかは周りに言われて『確かにな』と思う部分もあったんです。でも、色んな先輩の話を聞いてみると、それで何度も失敗したり、その期間を無駄に過ごしてしまったという意見もあったんです。そこで自分もぶれないことが大事なのかなって思ったんですね」

 プロ入りからこの2年間の一軍打撃成績を見ると打率はともに1割台だった。さらに昨年はファームでも打率は.228。ひとつの課題をクリアしても、またすぐに次の課題がやって来る。そんな毎日だった。

 その中で、平沢は少しずつではあるが、一軍の投手に対応もしてきている。前述のサヨナラ安打の場面も、初球の落ちる変化球を空振りすると、次のボールでしっかり修正、そして結果を出した。

 平沢が現状についてこう言う。

「今、続けていることが自分の中ではしっくり来ていますし、今はそれが良い方向に行っているので、それが正解だとは思わないですけど、今はその形で結果も出ているので、今はそれで良いのかなって考えています」

 昨年から続けているウエイトトレーニングの成果も徐々にだが出ている。打撃技術の引き出しも増えて、プロのスピードにも対応してきている。

 他球団に目を向ければ筒香嘉智も、山田哲人も、西川遥輝も、一軍でブレイクを果たしたのはプロ3年目以降のことである。

 だからこそこう言う。平沢大河が真価を発揮するのは、これからだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4
千葉ロッテマリーンズ
平沢大河
安田尚憲

プロ野球の前後のコラム

ページトップ