球道雑記BACK NUMBER

甲子園でスター扱いドラ1の3年目。
ロッテ平沢大河は毎日が必死!

posted2018/06/20 07:00

 
甲子園でスター扱いドラ1の3年目。ロッテ平沢大河は毎日が必死!<Number Web> photograph by Kyodo News

6月に発表された「マリーンズイケメン5」では2位に800票近い差をつけて優勝した。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 打ったボールは、初球と同じ外角に落ちる変化球だ。それが高めに浮いたところを彼は見逃がさなかった。

「もう僕が決めるって気持ちで打席に入りました」

 2018年6月17日、ZOZOマリンスタジアム。プロ入り後初となるサヨナラ安打に、千葉ロッテ・平沢大河は頭から何度も水をかけられ、グラウンドに押し倒され、揉みくちゃにされながら、チームメイトから熱い祝福を受けた。

「打席に立ったら常にヒットを打つ気持ちでやっていました。一安心です」

 20歳の若鴎はお立ち台で喜びを爆発させるというより、どこかホッとした表情を浮かべていた。

内野だけでなく外野でのスタメンも。

 5月24日以来、24日ぶりのスタメンだった。その間、打席に立ったのはわずか2回。チャンスはそうそう巡って来なかった。それでも一軍に居続けることに彼はこだわった。ポジションは本職のショートではなく、「小学生以来」と話した外野(ライト)だったが、なりふりなど構っちゃいられない。

 指揮官の目の前でアピールを続けることが、自分を次のステージに向かわせると固く信じていた。

 ある日の試合前練習のことだ。平沢は、球場内をせわしく走り回っていた。全体でのウォーミングアップが終了すると、まずは内野の守備練習に散っていく。

 それが終わるとそのままライトの守備位置まで走って行き、打撃練習中の打球を追いかけた。時間にして大体5分ぐらいだっただろうか。この日は外野ノックを受けない代わりに、バッターの生きた打球を追いかけることで、不慣れな外野守備にも対応しようとしていた。毎日が必死である。

【次ページ】 「大変ですけど……大変じゃない」

1 2 3 4 NEXT
千葉ロッテマリーンズ
平沢大河
安田尚憲

プロ野球の前後のコラム

ページトップ