球道雑記BACK NUMBER

甲子園でスター扱いドラ1の3年目。
ロッテ平沢大河は毎日が必死! 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/06/20 07:00

甲子園でスター扱いドラ1の3年目。ロッテ平沢大河は毎日が必死!<Number Web> photograph by Kyodo News

6月に発表された「マリーンズイケメン5」では2位に800票近い差をつけて優勝した。

自分を見失うことなく、やることは一緒。

「なぜ変わらないの?」

 彼にあえてそんな質問をした。すると彼はその理由をこう答える。

「変わる要素もないですし、今もそんな(一軍で)活躍をしているわけでもない。チームの中でまだ立場があるわけでもないですし、自分の中では一軍にいるからとかも全く思っていない。やることは一緒。それはどこにいるからとか関係なく、いつも変わらないです」

 プロ入りからこの2年、バッティングの技術で頭を悩ませる日々もあった。三振でベンチに戻ってくれば、スタンドから罵声も飛んできたかもしれない。自分の知らないところで悪く言われたこともあっただろう。それでも彼は自分を見失わない。

「強いな」と、平沢大河の立ち居振る舞いを見てしみじみと思った。

同じ境遇の安田が入団して感じること。

 今年、同じ境遇を持つ後輩が出来た。履正社高からドラフト1位で入団した安田尚憲だ。春先のオープン戦ではともに一軍に帯同され、話をする機会も多々あった。

 オープン戦期間中は思うようなバッティングが出来ない安田に、平沢はこんな助言を贈ったという。

「(自分の)1年目はいろんなことをやり過ぎて中途半端に終わってしまった」

「自分がこれと決めたものがあるんだったら、それをやり通した方がいい」

 その助言の意図を平沢に聞くと彼はこう答えた。

「自分では過去を失敗とは捉えていなくて良い経験だったと思っています。安田も今年、ドラフト1位で注目されて入って、僕の時もそうでしたけど、色んな立場の人が色んなことを言ってくると思うんです。

 でも、そこで自分の軸となる部分を変え過ぎちゃうと僕は勿体ないと思うんですね。何かをアドバイスされて、変えることは良いことですけど、自分の信念といいますか、変えちゃいけないものも絶対あると思うんです。僕自身はもっとそれを持った方が良かったなと思ったので」

【次ページ】 筒香も山田も西川も3年目の飛躍だった。

BACK 1 2 3 4 NEXT
千葉ロッテマリーンズ
平沢大河
安田尚憲

プロ野球の前後のコラム

ページトップ