セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエA迷言大賞はガットゥーゾ!?
「若手はカワイコちゃんと……」 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/30 11:00

セリエA迷言大賞はガットゥーゾ!?「若手はカワイコちゃんと……」<Number Web> photograph by Getty Images

昨年11月にミランの監督となったガットゥーゾを始め、ユベントスのアッレグリ、ナポリのサッリなど個性派指揮官の言葉も今季を彩った。

微細な本音こそ、サッカーの真実。

 ポリティカル・コレクトネスを物ともしないサッリは暴言や失言も多く、それを警戒してか、もう長いこと試合前日会見を拒否、コメントを聞く機会は試合後に限られている。

 2位の“準優勝”クラブとして史上最多勝ち点「91」を稼いだとしても、彼とナポリが手に入れたかったものはそんな数字ではなかった。

 心底、銀色の優勝トロフィーが欲しかった。

 敗軍の将の打ちひしがれたコメントは、深い印象を残した。

 目まぐるしく過ぎるシーズンの間に伝えられる何千、何万という言葉の隙間に、ほんの少し微細な本音がのぞくことがある。そこに、きっとサッカーの世界の真実が詰まっている。

 ジェノアを無事セリエA残留に導いた監督バッラルディーニは、そろそろ本格的にバカンスを満喫しようかという頃だろう。

 昨秋のイタリア対スウェーデンが行われた夜、アンナ夫人は数百キロ離れた自宅に夫と子供を残して、ミラノのサン・シーロヘ母国の応援のために駆けつけたという。 

 もしや夫婦の今夏バカンス旅行先はロシアではないか。来季のシーズン最初の会見で、休暇をどう過ごしたかと問われたバッラルディーニが粋な答えを用意している気がする。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ジェンナーロ・ガッドゥーゾ
ACミラン
アンドレア・ピルロ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ