“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

フロンターレ昇格を蹴って進学。
筑波大・三笘薫、人生の選択について。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/05/28 07:00

フロンターレ昇格を蹴って進学。筑波大・三笘薫、人生の選択について。<Number Web> photograph by Takahito Ando

谷口彰悟や車屋紳太郎ら筑波大から川崎へ入団した選手は数多い。三笘薫もその流れに続く。

進学という選択に誇りを持って。

 奇しくも中村、小林、谷口、車屋らは大学を経てプロになり、日本代表に選ばれた経歴を持つ。偉大な先輩達がいるからこそ、自分はそれ以上のことをやらないとフロンターレに戻れないと考えている。

「僕がここに来て思うのは、環境が人を育てるのではなく、どの環境でも育つ人は育つということです。言い訳せず確固たるものを持ってやっていれば、良いと思います。僕はこの選択に誇りを持っていますし、後悔していません」

 人間である以上、隣の芝が青く見えることはある。でも自分の覚悟と決断に誇りを持って成長できれば、それがその人にとって正解なのだ。

 三笘薫の大学進学という選択は、まさにそれにあたる。彼はこれからも正解の要素を増やしていくだろう。無策で生きることこそ危険という価値観とともに――。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
三笘薫
中村憲剛
川崎フロンターレ
筑波大学

Jリーグの前後の記事

ページトップ