Jをめぐる冒険BACK NUMBER

元FC東京“ノリカル”は引退していた。
現役時代の苦楽は仲介人で生かす。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAtsushi Iio

posted2018/05/13 08:00

元FC東京“ノリカル”は引退していた。現役時代の苦楽は仲介人で生かす。<Number Web> photograph by Atsushi Iio

西が丘でのFC東京U-23の試合に駆けつけた“ノリカル”こと鈴木規郎。セカンドキャリアでもサッカーに携わる。

アイディアは僕、判断は親友のヤナ。

 こうして1年間、仲介人としての経験を積んだ鈴木は今年独立し、会社を立ち上げるための準備を進めている。共同経営者は、親友の柳川だ。

「ヤナはあの後、さらに2年フィリピンでプレーしたんですけど、ケガをしたのと家族の問題もあって帰国したんです。お世話になったフィリピンのために何かしたいというので、じゃあ、一緒にやろうって。

 ヤナは今、フィリピンのサッカー界を良くするために選手会を作ったり、慈善事業とかいろいろやってます。一方、僕は仲介人として、フィリピンに選手を送ったりもしたい。プロとして活動したくても、日本にはその場がない、という選手は多いですから」

 やりたいことは山ほどある。東南アジアへの指導者の派遣、ヨーロッパでの合宿のアテンド、サッカー留学の支援、飲食店でのパブリックビューイング……。

「僕がビジネスアイディアを毎日のように10個ぐらい出して、ヤナが冷静に判断するんです。それは無理ですとか、それだったらこうしましょうとか」

 5月16日の立ち上げを予定している会社の名前は「株式会社 By players」と言う。直訳すれば、「選手によって」。元選手である自分たちの手によって新しいビジネスを生み出したい、という意欲が表れている。

 一方で、和製英語の「Byplayer」には「脇役」という意味もある。

 主役は現役の選手たち。自分たちは彼らを支える名脇役でいたい、という想いも込められている。かつて自分たちも支えてもらってきたように――。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
FC東京
鈴木規郎

Jリーグの前後のコラム

ページトップ