Jをめぐる冒険BACK NUMBER

元FC東京“ノリカル”は引退していた。
現役時代の苦楽は仲介人で生かす。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAtsushi Iio

posted2018/05/13 08:00

元FC東京“ノリカル”は引退していた。現役時代の苦楽は仲介人で生かす。<Number Web> photograph by Atsushi Iio

西が丘でのFC東京U-23の試合に駆けつけた“ノリカル”こと鈴木規郎。セカンドキャリアでもサッカーに携わる。

フィリピンでは不完全燃焼だった。

 いくつかある国の中からフィリピンのクラブを選んだ理由は、親友の存在である。

「柳川雅樹。ヤナが僕の2カ月くらい前にフィリピンに渡っていて、そのクラブが僕を獲得してくれるって言うんですよ。だったら、俺も行くって」

 鈴木にとって2つ目の所属クラブとなった神戸で出会い、その後、オフにふたりで海外旅行をするまで親しくなった4学年下の後輩と、現役生活の最後を楽しむ――。

 それが、鈴木の思い描いたストーリーだった。

 ところが、フィリピンでのプロ生活は、鈴木にとって花道にならなかった。

 鈴木はセカンドトップやウイングを主戦場としていたが、クラブが求めていたのは、本格派のストライカーだったからだ。

「他にもいろいろと問題があったんですけど、結局、あまり試合に出られなくて。自分としては不完全燃焼で」

大きな夢を持つ若手をサポートしたい。

 1年で帰国した鈴木は沖縄に拠点を置き、今後の身の振り方を考えながら自主練習に励み、ザスパクサツ群馬、ジェフユナイテッド千葉への練習参加のチャンスを掴む。

 だが、残念ながら契約には繋がらず、2016年12月のトライアウトに最後の可能性を懸けることにした。

「その前に関東1部のチームから声を掛けてもらっていて、それは、ありがたかったんですけど、アンジェに行ったときも、練習参加でミドルを叩き込んで契約を勝ち取った。だから、最後も自分で道を切り開きたかったし、何とかなると思ったんです」

 トライアウトでは、実際にゴールを決めた。しかし、オファーは届かなかった。

「それで、ケジメを付けることにしました」

 セカンドキャリアのイメージはあった。それが、仲介人だった。

「指導者という選択肢もあったんですけど、指導者になるなら将来はJ1で監督をやりたい。でも、それには何年掛かるのかなって。そうやって、いろいろと考えるなかで魅力を感じたのが、代理人(現仲介人)。僕は現役時代、3つの代理人事務所と契約していて、選手にとっていかに代理人の存在が大切かを知っているし、若い頃、自分にはレアル・マドリーに移籍したいという夢があった。今度はそういう夢を持つ若い選手をサポートしたいなって」

【次ページ】 「月1万円でいいから上げて、とか」

BACK 1 2 3 4 NEXT
FC東京
鈴木規郎

Jリーグの前後のコラム

ページトップ