太田雄貴のEnjoy FencingBACK NUMBER

五輪金メダルは最上位目標ではない!?
「突け、心を」を説くフェンシング協会。 

text by

太田雄貴

太田雄貴Yuki Ota

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/05/07 07:00

五輪金メダルは最上位目標ではない!?「突け、心を」を説くフェンシング協会。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

協会のスローガンである「突け、心を」のポストカード。裏にはJALのNEXT ATHLETE MILE制度の案内も。

「沈没船に乗ったままでいいのか、それとも……」

 協会の事務方の仕事量は、私の会長就任の前と後とでは、確実に増えているはずです。

 今までになかったことばかりですから、ある意味「やらされている」と感じている方もいるでしょう。また、自分自身ではなるべく自分の考えやビジョンを周囲にシェアしているつもりですが、まだまだ不十分で、結果として「太田ひとりが突っ走っている」と感じている方もいるはずです。会議のやり方や、仕事の割り振り方についても、最も効果的で効率的な形を見つけたいと思っていますが、いまだ試行錯誤が続いています。

 でも、僕の行動原理はシンプルです。

「沈没船に乗ったままでいいのか、それとも沈没しないように今までにない斬新なアイデアで上を目指すのか」――言うまでもなく後者です。

 どうフェンシングをメジャーにしていくか、人の目に触れるようにしていくか、お金を回収していくか、そして大会を面白くするのか――そのあたりにフォーカスを絞りつつ、細かなことは任せています。

 また、私との接点が増えることで、協会スタッフのマインドも変化してきています。

 僕たちは、ビビりながらも他の競技団体よりも一歩も二歩も前に進んでいる。そもそも競技結果ではなく、こういった協会自身の取り組みがスポーツニュースなどで取り上げられることはほとんどない。その意味で、日本フェンシング協会はこの1年弱で確実に前進し、時代のアイコンとなりつつあるのです。

 協会登録人数についても、6000人をこの1年で1000人増加させるという目標は、十分射程圏内にあると考えています。

 この流れをポジティブに考えながら、東京五輪、そしてその先へと進んでいきたいと思っています。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
太田雄貴

他競技の前後の記事

ページトップ