バレーボールPRESSBACK NUMBER

Vリーグ、ビジネス化の課題って?
バレー界の人気者・高松卓矢の提言。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/04/18 11:00

Vリーグ、ビジネス化の課題って?バレー界の人気者・高松卓矢の提言。<Number Web> photograph by AFLO

2018/19シーズンから新しい形でのVリーグがスタートする。高松は豊田合成の一員として、初代王者を目指す。

収益をどのように選手に還元するか。

 新リーグ構想の核である“ビジネス化”で得た収益を、どのように選手に還元していくのか。スポーツに携わる人は時として、金銭の話をタブー視する傾向にあるが、その働きや貢献度に応じて正当な対価を得ることで、より強い責任感が生れる場合もある。早急に手をつけるべき課題のひとつであることは確かだ。

 新リーグに向けて、最後に高松に目標を聞いた。

「僕は特に意識することなく、今まで通りにやります。でも、お笑い路線で盛り上げるだけではなく、バレーボールの楽しさが伝わるよう、プレーでも魅せないといけないと思う。キャラクターだけに注目が集まって、いろいろ言われないために、バレーボールも全力でやりますよ」

 V・プレミアリーグでの活躍が認められ、今年度の全日本候補にも選ばれた。ファン投票1位男が見せる国際舞台、そして今秋開幕する新リーグでの活躍にも期待したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高松卓矢

バレーボールの前後のコラム

ページトップ