バレーボールPRESSBACK NUMBER

Vリーグ、ビジネス化の課題って?
バレー界の人気者・高松卓矢の提言。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/04/18 11:00

Vリーグ、ビジネス化の課題って?バレー界の人気者・高松卓矢の提言。<Number Web> photograph by AFLO

2018/19シーズンから新しい形でのVリーグがスタートする。高松は豊田合成の一員として、初代王者を目指す。

「新リーグとプロはノット・イコール」

「お祭りごとは前から好きだったので、もちろん自分も楽しんでいるんですけど……。イベントがあるたびに、笑いを取る方法を考えて臨んできて、今はもう、やらなきゃいけない雰囲気になってはいますよね」

 周囲の期待に応えようとした結果、高松のキャラクターがバレーファンの間で認知されるようになった。

 一方で、今秋、スタートする新リーグの記者発表の場では、台本のない、ぶっつけ本番のトークイベントで自身の考えをはっきりと発信していた。「どうすればもっとバレーボール競技に注目が集まるか」を、深く考えている選手の1人でもある。

 では、こうして今、バレーボールファンから最も支持を受けている高松は、新リーグ構想にどんな印象を抱いているのだろうか。

「新リーグとプロは、ノット・イコールじゃないですか。プロはバレーボールで生計を立てること。でも、現状、僕も含めて選手はチームを持つ企業の会社員がほとんどです。そして来季から始まる新リーグも、参加するチームの選手がすべて、プロ契約という形はとれません。でも、プロに近いことはできるんじゃないかなって僕は思います」

ビジネス化するなら、まずは集客を。

 ただし、課題の多さを高松は指摘する。

「自分が言える立場なのかわからないけれど、すべての選手がもっと考えていかなければいけないと思う。オールスターのようなイベントでも、自分一人が盛り上げようとしても、まだまだ足りないと感じます。

 ビジネス化を目指すなら、まずは集客しなければいけないですよね。だったら、単にバレーボールのプレーを見せるだけでは、もうダメだと思う」

 バレーボールに興味があり、すでに足を運んでくれているファンの数を維持しつつ、新たな顧客の開拓が必要だと語る。

「まずはバレーボールに興味を持ってもらわなければいけません。そのプロセスが大事で、オールスター戦で僕がお笑い芸人のモノマネをした。それを動画サイトで見たとか、SNSで拡散されているのを見たとか、多くの人の目に触れれば、きっかけになる。興味を持っていただけるきっかけは、なんでもいいんですよ」

【次ページ】 バレーの価値を高めるために必要なこと。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高松卓矢

バレーボールの前後のコラム

ページトップ