Number ExBACK NUMBER

「プロレス総選挙2018」速報続編。
誌面登場をかけた、TOP20を発表!

posted2018/04/13 18:00

 
「プロレス総選挙2018」速報続編。誌面登場をかけた、TOP20を発表!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 Numberの表紙をかけ、全団体の現役レスラーを対象としたプロレス総選挙が4月11日からスタートしました。

 日本のリングで闘ったことのあるすべての現役レスラーの中から、1人3選手まで投票が可能です。

 1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイントとして投票を集計。上位10位までに入った選手は必ず誌面に記事を掲載し、1位に輝いた選手が7月10日発売予定のNumberPLUS「プロレス2018(仮)」の表紙を飾ります。

 初日の24時間で、なんと投票者数は6000人を突破。

 昨日はTOP10を紹介しましたが、今回は誌面登場がかかる20位から11位を発表します。

 第20位は…武藤敬司選手(WRESTLE-1所属)

 前回24位。両膝を人工関節にする手術を受け、なおもリング復帰を目指すレジェンド。

 ファンの方からは「プロレス好きになるきっかけの選手なので永遠の1番です! 膝を早く治してリングに戻って欲しい」(30代・男性)と熱いエールが寄せられました。

 第18位は…ポイント同数で2選手。まずは石井智宏選手(新日本プロレス所属)

 昨年59位。4月6日にイギリスで行われたレボリューションプロレスリングでザック・セイバーJr.を破り王座を獲得。

「体と体がぶつかり合うゴツゴツとした戦いに惹かれます。加えて技術もあり、器用な一面を見せるのも選んだ理由です」(20代・女性)と熱いファイトスタイルに対する支持を集めました。

 続いて…BUSHI選手(新日本プロレス所属)

 昨年50位。「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の”裏ボス”的存在であるマスクマン。

「毎回変わるコスチュームやマスク、綺麗な水吹きなど……BUSHIさんはカッコいいと言う言葉が1番似合うと思います!」(10代・女性)と、華麗なパフォーマンスに期待する声が寄せられました。

 そして第17位は…宮原健斗選手(全日本プロレス所属)

 昨年26位。「史上最年少三冠王者」に輝いた全日本のエース。3月25日の大会で三冠ヘビー級王座3度目の戴冠を果たした。

「全日本の絶対的エースに登り詰めた宮原。言葉どおり最高!」(30代・男性)、「三冠王者・宮原の相手を光らせて勝つ受けの凄さは世界最高の王者です」(30代・男性)と、圧倒的な実力を評価する声が集まりました。

 第16位は…紫雷イオ選手(スターダム所属)

 昨年35位。3年連続で女子プロレス大賞を受賞した”スターダムのACE”。バラエティ番組でも活躍し、知名度急上昇中。

「飛翔天女が全盛期の頃大好きでしたが、それ以来の女子プロレスで、こんなにカッコいいレスラーはいないと思った」(40代・女性)など、高いカリスマ性に惚れ込むファンの方々が多いようです。

【次ページ】 続いて、15位から11位!

1 2 NEXT
内藤哲也
棚橋弘至
中邑真輔
オカダ・カズチカ
ケニー・オメガ
飯伏幸太
高橋ヒロム
鈴木みのる
SANADA
丸藤正道
黒潮“イケメン”二郎
柴田勝頼
“キング・オブ・ダークネス”EVIL
葛西純
AJスタイルズ
紫雷イオ
宮原健斗
BUSHI
石井智宏
武藤敬司

プロレスの前後のコラム

ページトップ