沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

皐月賞の主役は「不在のダノン」。
未対決のタイムフライヤーに勝機?

posted2018/04/14 17:00

 
皐月賞の主役は「不在のダノン」。未対決のタイムフライヤーに勝機?<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ホープフルSを勝ったタイムフライヤーもまた2歳王者である。世代における力関係は果たして。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 不動の主役と見られていた無敗の2歳王者ダノンプレミアムが回避したことで、第78回皐月賞(4月15日、中山芝2000m、3歳GI)は、どの馬にもチャンスがある大混戦の様相を呈している。

 直前に大本命が回避したクラシックとして思い出されるのは、無敗の2歳王者フジキセキが屈腱炎のため皐月賞前に突然引退した1995年シーズンだ。

 フジキセキは新馬、もみじステークス、朝日杯3歳ステークス(馬齢は旧表記)、弥生賞と4戦して全勝。ダノン同様、無敗の2歳王者としてクラシックを迎えようとしていた。

 サンデーサイレンスの初年度産駒で、母系も英国ダービー馬ミルリーフが出た名門。2番人気だった新馬戦以外はすべて単勝1倍台の圧倒的支持を得て、その良血に恥じないパフォーマンスで期待に応えつづけた。特に、掛かり気味に先行し、直線で他馬を一気に突き放した弥生賞の勝ちっぷりは圧巻で、

 ――三冠はこの馬が総なめにするだろう。

 と思われていたさなかの引退劇だっただけに、衝撃的だった。

 結局、この年の皐月賞はフジキセキと未対決だったジェニュイン、ダービーはもみじステークスでフジキセキの2着だったタヤスツヨシ、菊花賞はフジキセキが引退を発表した翌日未勝利を脱したマヤノトップガンが制した。

 また、朝日杯でフジキセキの2着だったスキーキャプテンがアメリカに遠征し、日本馬として初めてケンタッキーダービーに参戦(14着)して話題になった。

「あの馬がいれば」になる?

 アメリカというと、この1995年は、野茂英雄がロサンゼルス・ドジャースでメジャーデビューし「トルネード旋風」を巻き起こした年だった。その意味でも、「ツーウェイ(二刀流)」の大谷翔平が注目を集めている今年に通じるものがある。

 フジキセキと違い、ダノンプレミアムは軽症で、ダービーに出てくる可能性もあるようだ。

 だから、「歴史は繰り返す」と表現するのは正しくないのだが、それでも、今年の皐月賞は、1995年と同じように、「もしあの馬がいれば」と、いくつものタラレバを言いたくなるレースになりそうだ。

【次ページ】 ダノンと未対決、という条件で探すと?

1 2 3 NEXT
ダノンプレミアム
タイムフライヤー

競馬の前後のコラム

ページトップ