テニスPRESSBACK NUMBER

弟や妹の方がスポーツで大成する?
テニス界での兄弟姉妹成功例を検証。 

text by

今田望未

今田望未Nozomi Imada

PROFILE

photograph byMotoo Naka/AFLO

posted2018/04/11 08:00

弟や妹の方がスポーツで大成する?テニス界での兄弟姉妹成功例を検証。<Number Web> photograph by Motoo Naka/AFLO

2017年の東レ・パンパシフィックOPで、ダブルスとしてプレーした大坂なおみとその姉の大坂まり。

大坂姉妹はウイリアムズ姉妹のようになれる?

 その後2人はデビスカップでの経験をもとに大活躍。ジェイミーが2016年4月にイギリス人として初のダブルス世界ランキング1位に到達すると、わずか半年後に今度は弟アンディーがイギリス人として初のシングルス世界ランキング1位に到達した。

 どちらかが優れているというよりは、兄弟姉妹の活躍は一種の相乗効果をもたらしているケースが目につくのだ。個人競技であるテニスにおいて、身近な場所にハイレベルに打ち合える仲間であり、強力なライバルがいる、ということがこれらの相乗効果を生んでいるのではないだろうか。

 実はあの大坂なおみにも1学年年上の姉、まりがいる。

 現在はなおみが実績で大きく先行しているが、まりもまだ22歳になったばかり。これからまだまだ伸びていく可能性のある選手だ。

 ウィリアムズ姉妹のようになるのはなかなか難しいだろうが、これからの大坂姉妹での相乗効果にも期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大坂なおみ
アレキサンダー・ズベレフ
ミーシャ・ズベレフ
セリーナ・ウィリアムズビーナス・ウィリアムズ
ノバク・ジョコビッチ
アンディー・マリー
ジョン・マッケンロー
パトリック・マッケンロー

テニスの前後の記事

ページトップ