プロ野球亭日乗BACK NUMBER

今度はメジャー最強投手から2ラン!
大谷翔平「価値ある1本」の尊さ。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2018/04/05 11:55

今度はメジャー最強投手から2ラン!大谷翔平「価値ある1本」の尊さ。<Number Web> photograph by AP/AFLO

2点差で追いかける苦しい展開の中……快心の2ラン! 2日連続の本塁打に、スタジアムは再びのスタンディングオベーションに。

「ヒットでいいかなと思ってコンパクトに振った」

「確信はなかったです。二塁にランナーがいましたし、ヒットでいいかなと思ってコンパクトに振ったつもりだったのが、何とか入ってくれてよかったと思います」

 前日はベンチに戻っても“サイレント・トリートメント”でナインに無視されたが、この日はすぐさま祝福の手が伸びてきた。

 予想外の一発ではない。

 選手も、ファンも期待したところで飛び出した一撃は、もはや普通のことなのである。

「苦しい場面でいい1本が打ちたい」

 前日の試合後の記者会見だった。

 ホームデビュー戦での本塁打を「チームの勢いが打たせてくれた部分もあった」と言っていた大谷が、次の一発に思いを込めた言葉だった。

 チームが苦境のときに、自分のバットで流れを切り開きたい。そう望んでいた1本を、わずか1日後に現実のものとしてしまった。

 それがチームの一員として、大谷が放ったこの1本の価値である。

 そしてもう1つ、メジャーで二刀流に挑戦する打者・大谷にとっても大きな意味のある一撃でもあった。

 打った相手に価値があった。

敵は昨季もサイ・ヤング賞という最強投手!

 昨年18勝4敗の最多勝で自身2度目のサイ・ヤング賞を受賞しているクルーバー。

 まったく同じ軌道からフォーシームとカットボール、そして決め球のシンカーを自在に操って打者を料理する。

 オープン戦ではバットをへし折られての二飛に打ちとられて、メジャーの凄さを改めて思い知らされた。そんなメジャー屈指の好投手との対戦だった。

「サイ・ヤング賞をとっている投手で、見れば誰もが素晴らしいというのはわかる投手だと思う」

 第1打席は軽くあしらわれた。

 打者として出場した2試合では、ほとんどの投手が内角を軸にした組み立てだった。これに対してシンカーボーラーのクルーバーは、得意球のシンカーを軸に外角を使った組み立てで攻めてきた。

【次ページ】 1打席目は手が出ない感じにも見えたが……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
クリーブランド・インディアンス
コーリー・クルーバー

MLBの前後のコラム

ページトップ