炎の一筆入魂BACK NUMBER

盗塁ゼロでも開幕3連勝――。
広島カープの「真の機動力」とは? 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/04/03 13:20

盗塁ゼロでも開幕3連勝――。広島カープの「真の機動力」とは?<Number Web> photograph by Kyodo News

昨季は35盗塁で盗塁王に輝いた田中広輔を筆頭に、チーム全体でリーグトップの112盗塁を記録した。

打てない時期も……機動力で流れを変える!

 開幕3連勝にも「これから厳しい戦いがある。まだ3試合終わったばかり」と気を引き締めた緒方孝市監督も、随所にみられた好走塁には「いろいろな形で攻撃して得点していくということ」と胸を張った。

 開幕3試合を終えて、盗塁は1つも決めていない。

 流れの中で次の塁を奪うという機動力は攻撃の促進力となる。記録に表れない機動力こそ、広島の最大の武器なのだ。

 打線は水物と言われる。強力打線とはいえ打てなくなる時期は必ずある。そんな状況でも機動力は流れを変えられる。

 広島打線に機動力あり――そう強く感じさせる開幕3連勝だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

広島東洋カープ
緒方孝市
アレハンドロ・メヒア
田中広輔
高信二
丸佳浩
鈴木誠也
玉木朋孝

プロ野球の前後のコラム

ページトップ