【NSBC補講I】 池田純のスポーツビジネス補講BACK NUMBER

彼らは「改革」など望んでいなかった。
私はなぜラグビー協会を辞めるのか。 

text by

池田純

池田純Jun Ikeda

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2018/03/30 17:00

彼らは「改革」など望んでいなかった。私はなぜラグビー協会を辞めるのか。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

ジャパンエスアールCBO(チーフ・ブランディング・オフィサー)の役職は継続する。

スポーツ組織がより発展を臨むなら。

 ジャパンエスアール(サンウルブズ)CBOという肩書きは残っています。ファン目線を軸にし、仲間との信頼関係が揺るぎない組織である限り、私は力を注ぎ込みます。

 常に言い続けていることですが、ファンが第一。世の中の評価が第一。スポーツを運営する組織がより大きな発展を望むならば、外の世界に目を向け、ファンの方々に喜んでいただけるプロスポーツエンターテイメントの実現に向けて挑戦し続け、何事にも異論を唱えるのが是とされる組織でなければいけません。

 改めまして、期待を寄せてくださっていたファンの皆様には、本当に申し訳ございません。

 今回は私には、辞させていただく以外の選択肢はありませんでした。

関連記事

BACK 1 2 3
池田純

ラグビーの前後の記事

ページトップ