野ボール横丁BACK NUMBER

監督の采配で勝つのは限度がある。
日本航空石川が示す、信頼関係の力。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/03/30 14:30

監督の采配で勝つのは限度がある。日本航空石川が示す、信頼関係の力。<Number Web> photograph by Kyodo News

日本航空石川の中村隆監督が自宅に帰るのは週1日。あとの6日は生徒とともに寮に泊り込んでいる。

中村監督「負けたら自分のせいだと」

 この日も、原田は、初球をねらっていたという。

「相手のピッチャーは、右打者にはインコースを突いてくると言われていたんで、ベース寄りに立ってインコースをつぶして、真ん中から外のボールを待っていました」

 それも原田の判断だった。中村監督が言う。

「あいつに関しては、僕の指示を聞く必要はないといつも言っているんです。指示通りにやると、あいつのよさが消えてしまうんで」

 そして、その初球。市川のスライダーが甘く入ってきた。原田の「打った瞬間に入ったと思いました」という打球は高々と舞い上がり、最深部の左中間フェンスを越えた。

 駒大苫小牧を率いて2004年から3年連続で夏の甲子園の決勝に勝ち進んだ香田誉士史監督(現・西部ガス監督)は、よくこんな話をする。

「監督の采配で勝ってるチームには限界がある。勝てるチームは、うちもそうだったけど、監督のミスを選手がカバーしてくれるんだよ」

 馬淵監督の壁を打ち破ったのは監督の力ではなかった。中村監督が感慨深げに言う。

「負けたら自分のせいだと思っていた。今日は、選手の力で勝ってくれた。作戦とか、戦術ではなく」

 こう言える監督を持ったチームは強い。

\#横浜優勝/ベイスターズが愛されるワケ。

関連記事

BACK 1 2
日本航空石川高校
中村隆
馬淵史郎

高校野球の前後の記事

ページトップ