イチ流に触れてBACK NUMBER

イチロー、44歳での開幕スタメン。
「20歳のあの時に近い感覚がある」 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/30 11:20

イチロー、44歳での開幕スタメン。「20歳のあの時に近い感覚がある」<Number Web> photograph by Getty Images

セーフコフィールドに戻ってきた、マリナーズのイチロー。日米の野球ファンにとって心躍る1年になりそうだ。

アメリカ人にも粋の概念、あるかもね。

 首脳陣だけでなくセーフコフィールドのスタッフも、凱旋を温かく迎え入れている。クラブハウスのロッカーは、6年前と同じ場所。“いつもの場所”でグラブを磨くイチローの表情は実に生き生きとしていた。

「本当、アメリカ人にも粋と言う概念がね、ないと思っていたけど、ちょっとあるかもねって、思ってしまいました」

 自宅から通える環境を「最高っす」と喜んだイチロー。開幕スタメンは2013年4月1日、ヤンキース在籍時以来1823日ぶり。セーフコフィールドに限れば2008年3月31日のレンジャース戦以来3650日ぶりとなる。また、44歳5カ月での開幕スタメンは1998年に日本ハムに在籍した落合博満の44歳3カ月を上回り、日本人最高齢記録となった。

 常に歴史を作り、日々更新していく背番号51の2018年が、いよいよ始まった──。

関連記事

BACK 1 2 3
イチロー
シアトル・マリナーズ
仰木彬

MLBの前後の記事

ページトップ