バスケットボールPRESSBACK NUMBER

三河の大黒柱は今も桜木ジェイアール!
ダンクする41歳支える秘密のジュース。

posted2018/03/30 17:30

 
三河の大黒柱は今も桜木ジェイアール!ダンクする41歳支える秘密のジュース。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

「桜木」という名前は、『スラムダンク』を知る前に付けたという桜木ジェイアール。

text by

青木崇

青木崇Takashi Aoki

PROFILE

photograph by

B.LEAGUE

 3月28日、シーホース三河は昨シーズンに引き続き、B1で最初に地区優勝を決めた。

 アイシン時代のスーパーリーグ、JBL、NBLを含めて、2001年以降は常に優勝候補という一貫した強さを堅持していたシーホース。

 1995年から三河を指揮する鈴木貴美一ヘッドコーチにとって、絶大なる信頼を置く選手がいる。

 桜木ジェイアールだ。

 2007年に帰化するまでは、J.R.ヘンダーソンとして1995年にUCLAのメンバーとしてNCAAトーナメント制覇。NBAでも1998-'99シーズンにバンクーバー(現メンフィス)・グリズリーズでプレーした経歴の持ち主である。

 若い頃は身体能力の高さを武器にしたパワーフォワードだったが、41歳になった現在はバスケットボールIQの高さを駆使することで、相手にとって厄介な存在になっている。

 平均得点15.0がB1全体で16位、8.5リバウンドが11位、5.1アシストが5位という数字は、本当に41歳のビッグマンなのかと思いたくなる。

ティム・ダンカンとマッチアップして分かったこと。

 桜木は以前、こんなことを言っていた。

「ティム・ダンカン(元サンアントニオ・スパーズ)とマッチアップした時、身体能力だけでは生きていけないと感じた。もっとスキルと頭を使ったプレーをする必要があるとね」

 NBAのキャリアはわずか1年で終わったが、日本でシーズンを重ねるごとにオールラウンドなスキルと賢さを兼備した選手へと変貌。桜木が現在もBリーグ屈指の選手として高いレベルのプレーを継続できているのは、コンディション維持のために細心の注意を払いながら、時間をかけて身体のケアに取り込んでいるからだ。

【次ページ】 「試合後の月曜日は、24時間何も食べない」

1 2 3 4 NEXT
桜木ジェイアール
シーホース三河
バンクーバー・グリズリーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ