SCORE CARDBACK NUMBER

西カンファレンス第3の勢力に!? ブレイザーズ好調の2つの要因。~リラード依存が減りチームは上昇~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/04/02 07:00

西カンファレンス第3の勢力に!? ブレイザーズ好調の2つの要因。~リラード依存が減りチームは上昇~<Number Web> photograph by Getty Images

13連勝となった3月18日のクリッパーズ戦で、23得点をあげたリラード。チーム全体で14本の3Pを決めた。

 誰が言い始めたのか「まるでエレベーターのよう」という比喩が言い得て妙だ。今季の西カンファレンスは、3月20日時点でカンファレンス3位から10位までの8チームの差はわずか6.5ゲームという接戦。3月半ばには3.5ゲーム差だったこともある。そのため、試合ごとに該当チームの順位は上がったり下がったり。たとえば、2月のオールスターの時点で3位だったサンアントニオ・スパーズは、一度はプレイオフ圏外の10位まで落とし、その後、6位まで戻している。

 その中で、2月半ばから一度も下がることなく、上方向のボタンを押し続けているのがポートランド・トレイルブレイザーズだ。2月中旬には6位だったが、順調に上昇し、3月上旬から3位が定位置となった。2月半ばから1カ月余り負けなしの13連勝。3月20日にヒューストン・ロケッツに敗れて連勝は止まったが、3位の座はキープしている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 527文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

\#横浜優勝/ベイスターズが愛されるワケ。
ポートランド・トレイルブレイザーズ
デミアン・リラード

バスケットボールの前後の記事

ページトップ