オリンピックへの道BACK NUMBER

バド渡辺&東野組、全英OP初制覇。
中学の先輩後輩が最高のダブルスに。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2018/03/26 07:00

バド渡辺&東野組、全英OP初制覇。中学の先輩後輩が最高のダブルスに。<Number Web> photograph by AP/AFLO

全英オープン優勝を飾った渡辺・東野組。日本バドミントン界の躍進ぶりをまた象徴する快挙となった。

「一発屋にならないように」(渡辺)

 快挙を喜ぶ一方で、2人はこのように話している。

「ただ、一発屋にならないように、続けて結果を残していけるよう、頑張りたいと思います」(渡辺)

「1大会ごとに、いい成績が出せればと思っています」(東野)

 日本が待ち望んでいた、長期間にわたって組み続けているペアであり、協会の戦略に沿って成長している。そんな2人が目指すのは、2020年の東京五輪。ミックスダブルスで新たな歴史を築いていこうとする2人のこれからが注目される。

 さらに渡辺は、全英オープンの男子ダブルスにも遠藤大由とともに出場し、ベスト4入りを果たしている。2種目での東京五輪出場も視野に入れるが、それも含めて楽しみな存在だ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡辺勇大
東野有紗
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ