スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

大リーグ二極化と今季順位予想。
ペナントよりもドラフト上位指名権? 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/03/24 08:00

大リーグ二極化と今季順位予想。ペナントよりもドラフト上位指名権?<Number Web> photograph by AFLO

今季もヤンキース先発陣の中心として期待がかかる田中将大。メジャー4年連続二桁勝利はダテではない。

エンジェルスは大谷翔平次第。

 残り7球団には、「もしかすると」とか「うまくいけば」とかいった但し書きがつく。メッツ、フィリーズ、ジャイアンツ、ブルージェイズ、エンジェルス、マリナーズ、レンジャーズがこの中間層だが、フィリーズやエンジェルスには「穴馬」の匂いが漂う。

 フィリーズは、アリエータやカルロス・サンタナの補強に成功し、若手エースのアーロン・ノーラに飛躍が期待できる。

 エンジェルスは、なんといっても大谷翔平という「不確定要素」の動向次第だ。潜在能力を早々に開花させれば、化学反応はかなり大きくなる。仮に時間がかかっても、今季のエンジェルスは、イアン・キンズラーやザック・コザートの加入で打線が厚みを増した。ギャレット・リチャーズやマット・シューメイカーら先発投手陣に故障さえなければ、ワイルドカード争いに加わる可能性がある。

 では、例年どおり、今季の順位予想を掲げてみよう。

〈ア・リーグ東地区〉

(1)ヤンキース
(2)レッドソックス
(3)ブルージェイズ
(4)レイズ
(5)オリオールズ

〈ア・リーグ中地区〉

(1)インディアンス
(2)ツインズ
(3)ホワイトソックス
(4)タイガース
(5)ロイヤルズ

〈ア・リーグ西地区〉

(1)アストロズ
(2)エンジェルス
(3)マリナーズ
(4)レンジャーズ
(5)アスレティックス

〈ナ・リーグ東地区〉

(1)ナショナルズ
(2)フィリーズ
(3)メッツ
(4)ブレーヴス
(5)マーリンズ

〈ナ・リーグ中地区〉

(1)カブス
(2)ブルワーズ
(3)カーディナルス
(4)レッズ
(5)パイレーツ

〈ナ・リーグ西地区〉

(1)ドジャース
(2)ロッキーズ
(3)ダイヤモンドバックス
(4)ジャイアンツ
(5)パドレス

【次ページ】 ア・リーグがやはり強いか。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大谷翔平
田中将大

MLBの前後のコラム

ページトップ