相撲春秋BACK NUMBER

栃ノ心が教えてくれたふたつのこと。
親方との絆、そして休場する勇気。 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byJMPA

posted2018/03/09 17:45

栃ノ心が教えてくれたふたつのこと。親方との絆、そして休場する勇気。<Number Web> photograph by JMPA

今年の初場所、平幕優勝を決めた直後の栃ノ心。192センチ、177キロの見事な体躯と、類まれな腕力を誇る。

若い力士の中には休む勇気を持てない者も。

 この3月の大阪場所では、稀勢の里が6場所連続の休場を決断した。

 昨年の3月場所で大胸筋付近を負傷しながらも強行出場し、劇的な逆転優勝を果たした、その代償は大きかった。

 ケガに苦しむ力士たちは多い。番付降下を憂い、長期的に休む勇気を持てない若い力士も少なからずいるだろう。

 そんな後輩力士たちの励みとなり、一筋の光明をもたらしたのが、栃ノ心の存在でもあった。

 手術した右膝の靱帯は、昨年1月初場所中に、再び切れてしまったままだ。まるでギリシア神話の「ケンタウロス」のごとき下半身を持つが、それは切れた靱帯を筋力で固めて守るための、ひたすらなトレーニングと四股の賜物である。

 今年31歳となる栃ノ心は、

「もうひとつ上を狙う最後のチャンスかもしれませんね。もっと稽古して頑張らないと」と控えめに口にする。

 情熱を内に秘めた苦労人。地に足をしっかりとつけ、踏みしめているCOOLな“チカラビト”だ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

栃ノ心
稀勢の里
白鵬
春日野部屋

相撲の前後のコラム

ページトップ