SCORE CARDBACK NUMBER

春場所に新風を吹き込む、新十両の貴公俊&炎鵬。~貴乃花部屋の兄弟力士と、白鵬の内弟子~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/03/10 16:00

春場所に新風を吹き込む、新十両の貴公俊&炎鵬。~貴乃花部屋の兄弟力士と、白鵬の内弟子~<Number Web> photograph by KYODO

2月18日、昇進祝賀会に臨んだ炎鵬(前列左)。宮城野親方(中央)、部屋の大先輩の白鵬(後列右)も笑顔で祝福。

 浪速の春場所、ふたりの注目力士が新十両として土俵に上がる。

 ひとりは大相撲界初となる同時双子関取、貴乃花部屋の貴公俊(たかよしとし)だ。弟の貴源治に遅れること5場所、186cm、143kgの均整のとれたのびやかな体をもち、バスケットでならした運動神経を武器に、相撲経験はないまま15歳で入門。20歳で関取の座を掴んだ“叩き上げ”の大器だ。師匠の貴乃花親方は、相好を崩して愛弟子について口を開く。

「双子といっても個性や取り口は違って、(貴)公俊はスタミナで取っていくタイプ。完全な四つ相撲を取れる子です。まわしを切ったりとか、教わることなく自然にできるのは天性のもの。腰も重くなってきて安定感が出て来ました」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

貴公俊
炎鵬

相撲の前後のコラム

ページトップ