マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

二松学舎で1年秋から3番を打つ男。
平間陸斗の精神年齢と実戦力に唸る。

posted2018/03/05 08:00

 
二松学舎で1年秋から3番を打つ男。平間陸斗の精神年齢と実戦力に唸る。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

平間陸斗の2年の夏は、3回戦で三本松(香川)に敗れて終わった。最後の夏、一回り大きくなって帰ってこられるか。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 見に行きたくなるチームってありませんか?

 試合の勝ち負けより、選手個人を興味の対象にしている私のような者には、今度の新チームにはどんな新戦力を押し立ててくるのか、ひと冬越してあの選手はどんなふうに変わっているだろうか? 確かめずにはいられないチームとがある。

 単に好選手を揃えているというだけじゃ、わざわざ行こうとは思わない。極端にいうと、1番から9番までまったく異なる個性の選手が並んでいるようなチームがいい。

 大阪桐蔭高などもまったく憎たらしいほど強いが、毎年よくまあこれほど……とあきれるほどのバリエーションでチームを構成してくるから、見ずにはいられない。いや、ついつい待ち遠しく試合に駆けつけてしまう。

1年の秋から3番を打つ平間陸斗。

 私の住む東京でいえば、日大三高と二松学舎大附高がその双璧だろう。

 昨夏の二松学舎大附も、1試合があっという間に終わってしまうような見ていて飽きないチームだった。その中から、広島4位指名の永井敦士外野手(178cm88kg・右投右打)のような選手が生まれたわけだが、そのほかにも、バッティングだってプロ仕様の長身左腕・市川睦(日大進学予定)や、小柄でも意外性満載のクセ者・鳥羽晃平外野手(上武大進学予定)など、いつトイレに立てばいいんだ……というほどに“役者”が揃っていた。

 その中に、当時2年生にしては隙のない、大人っぽい野球をする選手がいた。

 平間陸斗という三塁手(177cm83kg・右投右打)だ。

 強打者、好打者が居並ぶ二松学舎大附の打線で、1年の秋からいつも3番を打っていた。

 別に、清宮幸太郎のように、とんでもなく飛ばすとか、そういうひと目見てどうこうという選手じゃない。しかし、見るたびに「へぇー……」っと唸らされる場面を必ず作る。

 特に、勝負強さがすごかった。

 いとも簡単にタイムリーを打ってみせる。それも初球だったり、ファーストストライクだったり、仕掛けが早く、ひと振りできめてみせるから、感心してしまう。

【次ページ】 高校生離れした“実戦力”。

1 2 3 4 5 NEXT
二松学舎大附属高校
平間陸斗
市原勝人

高校野球の前後のコラム

ページトップ