詳説日本野球研究BACK NUMBER

左打者は俊足よりも強打者がいい?
ドラフトに見るチーム強化の早道。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/03/03 09:00

左打者は俊足よりも強打者がいい?ドラフトに見るチーム強化の早道。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

足も速いが、柳田最大の魅力と言えば長打力。一振りで得点を生み出せる魅力にあふれる。

2018年、躍進に期待の左打者は……。

 最後に、私が今季の躍進を期待しているのは次の選手たちだ。

 右打者:内田靖人(楽天)、横尾俊建、高濱祐仁、(ともに日本ハム)、大山悠輔(阪神)、細川成也(DeNA)、岡本和真(巨人)、廣岡大志(ヤクルト)

 左打者:宗佑磨(オリックス)、太田賢吾、淺間大基、森山恵佑、清宮幸太郎(ともに日本ハム)、平沢大河、安田尚憲(ともにロッテ)、坂倉将吾(広島)、佐野恵太(DeNA)、吉川尚輝(巨人)、山崎晃大朗(ヤクルト)

 強打タイプがほとんどの右打者に対して、左打者は俊足タイプもいれば、強打タイプもいる。

「左打者は一塁に駆け込むのに有利」と脚力にばかり目を向けがちだし、私自信も左打者に対し、脚力にばかり注目していた。“右投左打”のバッターを「作られた左」と軽視していたが、この原稿を書くことでそういう偏狭さがだいぶ薄まった気がする。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

筒香嘉智
柳田悠岐
秋山翔吾
清宮幸太郎

プロ野球の前後のコラム

ページトップ