ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~BACK NUMBER

26年目のJリーグは攻めてナンボ!?
キーワードは「カウンタープレス」。 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2018/02/23 10:30

26年目のJリーグは攻めてナンボ!?キーワードは「カウンタープレス」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

Jリーグカンファレンスにも、攻撃的なサッカーを主導する監督たちが揃った。「引いた者勝ち」の時代は終わったのだ。

川崎や浦和が選んだカウンタープレス。

 あくまで攻撃的に戦うなら、自陣でブロックを組むよりも、敵陣から激しく圧力をかけてボールを奪い取ればいい。早い話がカウンタープレスだ。

 昨シーズンの川崎Fはこれを徹底的に磨いて優位に立った。その成果は数字にも表れている。失ったボールを5秒以内に取り返した回数が一番多かったのだ。パスワークのリズムに乗せる前にケリをつけていたわけである。

 浦和もACL決勝の第2戦で果敢にカウンタープレスを試み、アルヒラル(サウジアラビア)のビルドアップを破壊していた。

 もちろん、リスクは大きい。前から追ってもハマらなければ、まともに逆襲を食らう危険があるからだ。しかし、初めから腰が引けて自陣に後退すれば、今度は自分たちがカウンタープレスの餌食になりかねない。少なくとも、川崎Fや浦和が相手なら、そうなるだろう。

 だったら、割り切って堅守速攻――という現実策は妥当にしても、わざわざ攻撃サッカーの看板を掲げた意味が薄れてしまう。冒険心あふれるチャレンジャーがJ1にいるのかどうか。大胆な攻守を展開した昨シーズンのジェフ千葉(J2)のような……。

関連記事

BACK 1 2 3

Jリーグの前後の記事

ページトップ