Number ExBACK NUMBER

懐かしのトレゼゲとサルガドに聞く。
現代欧州サッカー最強選手は誰? 

text by

高橋夏樹(Number編集部)

高橋夏樹(Number編集部)Natsuki Takahashi

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2018/02/19 16:00

懐かしのトレゼゲとサルガドに聞く。現代欧州サッカー最強選手は誰?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

シャイだがサッカーのことには熱いトレゼゲと、快活で指導も熱血なサルガドの組み合わせは、意外な(?)名コンビだった。

点を取るだけでは一流のFWではない。

 レッスンが終わって片付けも済んだ頃合いだ。三々五々引き上げる子どもの横で、トレゼゲがボールを拾い上げた。ピッチの端から、遥か逆サイドの、それもフットサルの小さなゴールに向かって、自分で放ったボールをボレーシュート。見事にゴールに蹴り込んだ。

 次に隣のコートの自分側のゴールに向けて、真横にボールを蹴り上げる。するとバックスピンのかかったボールはバウンドしてやはり小さなフットサルゴールに転がり込んだ。

 日本の部活だったらカミナリが落ちそうだが、信じられないテクニックをさらりと見せてニッコリするトレゼゲ。天真爛漫な姿は、いかにもFWらしい。

 だが、冒頭の問いを投げかけると、彼はちょっと憂いを含んだ眼差しを向けた。

「純粋に点を取る能力だけでは、現代サッカーでは一流のFWとは言えなくなった。時代は変わったんだよ……」

 今は自身のような生粋のストライカーは数えるほどしかいない、と言うトレゼゲ。FWといえども、最初のDFとして走り回り、全員がハードワークする時代だ。トレンドを受け入れて、チームとしていかに点を取るか、という観点のなかで、それでもストライカーの資質を見せている選手の名前を訥々と挙げてくれた。

 彼らがどんな選手のどこを評価しているかはインタビュー記事をぜひ見てみていただきたい。

 ただそれだけでなく、バランサーとしての役割を考え抜いてきたサルガド、点を取り続けるストライカーという存在に矜持を持ち続けてきたトレゼゲという、レジェンドたちの考え方そのものにも、サッカーのみならず日本のスポーツ全般が学べることがあるのではないか、と感じた一日だった――。

トレゼゲとミチェル・サルガドが語った現代欧州サッカーの名手たち。誰もが認めるレジェンドが惚れ込んだ最新最強のプレイヤーを一冊に詰め込んだNumber946号「EUROPEAN FOOTBALL MANIACS 2018 欧州最新最強プレイヤーファイル」、是非お読みください!
EUROPEAN FOOTBALL MANIACS 2018

Sports Graphic Number 946

EUROPEAN FOOTBALL MANIACS 2018

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダビド・トレゼゲ
ミチェル・サルガド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ