スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

実は平昌五輪の観戦はまだ間に合う!
五輪の位置づけは国でこんなに違う。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byJun Ikushima

posted2018/02/09 17:10

実は平昌五輪の観戦はまだ間に合う!五輪の位置づけは国でこんなに違う。<Number Web> photograph by Jun Ikushima

ソチなどで噂された雪不足とは無縁の平昌。もちろんその分寒いのは寒いが……。

平昌は人工的な町だが、江陵は魅力的?

 ただし、問題なのは町に魅力が乏しいことだ。

 スノーボードなどが行われるフェニックス(最寄り駅は平昌)、ノルディック、アルペン競技が行われるエリア(最寄り駅は珍富)には、町としての面白味はほとんどない。オリンピックのために開発された町であり、人工的な感じが拭えないのだ(氷系の競技が行われる江陵は、しっかりと町としての魅力があるとのこと。こちらには大会2週目に滞在する予定)。

 韓国国内、たとえばソウルの人たちは様々な条件を考慮して、日帰りで観戦しようと考える人たちが多いらしい。たしかにフィギュアスケートなどは午前10時からスタートし、午後3時までには競技が終わるので、日帰り観戦が可能なのだ。

 それに伴って、鉄道の方が混んでいる。KTXのソウル-江陵線をご利用予定の方はご用心。日時によっては完売の列車もあり、立席のみという表示が出る。

 また、オリンピック、パラリンピック向けの「平昌コレールパス」という観戦者向けの5日間、7日間用の鉄道パスも用意されているので、調べてみてはいかがだろう。

韓国で小平奈緒は「相手役」として有名に。

 さてさて、韓国国内の盛り上がりはというと、最も期待されているのは、スピードスケートの女子500mでバンクーバー、ソチと2連覇したイ・サンファである。

 すでに“レジェンド”になっているイ・サンファ。地元開催のオリンピックで3連覇の期待がかかっているが、そこに立ちはだかるのが、隣国・日本の小平奈緒という構図になっているわけだ。

 大会前の練習で、韓国のメディアは小平とイ・サンファが絡むところを必死でおさえようとしていたらしい。情報番組では、

「ふたりは、なかなか目を合わせようとしなかった」

といった形で報道されており、ライバル対決を煽ろうとしている。

 こうした形で、小平は韓国で有名人になっているのである。

【次ページ】 現地メディアの五輪への接し方も国によって違う。

BACK 1 2 3 NEXT
平昌五輪
オリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ