ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

谷原秀人が欧州ツアーを回る理由。
ゴルフ界では珍しい短パンも慣れて。

posted2018/02/08 17:00

 
谷原秀人が欧州ツアーを回る理由。ゴルフ界では珍しい短パンも慣れて。<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

「紳士のスポーツ」ゴルフで短パン姿はかなりレア。しかしそんな谷原秀人は、とても39歳には見えない若々しさだった。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

Yoichi Katsuragawa

 一昨年のはじめ、欧州ツアーは選手たちに試合会場でのショートパンツ着用を認めた。

 同ツアーはイギリス・ロンドン近郊にヘッドクォーターを置きつつも、年間スケジュールはユーラシア大陸から、アフリカ、オーストラリアまで足を延ばして構成されている。中東や東南アジアをはじめ酷暑の中でプレーすることもあり、また“ゴルフの近代化を目指す”という使命のもと、練習日限定でこの施策は実施されている。

 ひざ下を見せたプロゴルファーはみなカジュアルで、若々しくというか、だいぶヤンチャに見える。

 39歳の谷原秀人もまた、そうだった。

「なんかね、ずっと短パンを穿いてこなかったからか、最近ヒザの裏なんかがかぶれたりするんだ。“太陽アレルギー”かな。ドバイ(アラブ首長国連邦)とか南アフリカで……。湿度が高い東南アジアなんかだとマシなんだけど。だから、穿こうかどうかいつも悩む」

 素肌を気にしながらも嬉々として涼しげにしている姿は、40代を目前にして世界を転戦するキャリアを謳歌するようだった。

1年で30カ国を回る過酷な欧州ツアー。

 谷原は昨年、メンバー入りした欧州ツアーの年間ポイントレースで27位に入ったことでシード権を獲得。「ただ上手くなりたい」というモチベーションで、14勝を挙げた日本ツアーを飛び出した。

 ローリー・マキロイ、ジャスティン・ローズ、セルヒオ・ガルシアといった選手たちを育てた欧州ツアーは、1シーズン29カ国で行われる。言語や文化の違い。それに伴う時差や長距離移動というハードルを越えた末に、地域ごとに屈指のコースが待ち受けている。

「やっぱりレベルが高い」と谷原は言う。

 1月中旬は、中東で2試合を戦った。

「(18ホール合計)実質7600ヤード近いコースで、5アンダーが予選カットラインになった。そこまで行かないといけない。うまく行かないと、平凡なスコアで終わる」

 谷原は日本でも、飛距離をアドバンテージにするタイプではなかった。海を渡ればなおさらだ。

【次ページ】 欧米人との差、若い選手との差を痛感しながら……。

1 2 3 4 NEXT
谷原秀人
ミゲル・アンヘル・ヒメネス

ゴルフの前後のコラム

ページトップ