プロ野球列島改造論BACK NUMBER

打倒巨人に燃え、阪神で革命を……。
ダンカンの極私的・星野仙一の記憶。

posted2018/01/28 07:00

 
打倒巨人に燃え、阪神で革命を……。ダンカンの極私的・星野仙一の記憶。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

阪神タイガース時代、“鳥かご”裏での星野仙一監督。盟友・田淵幸一チーフ打撃コーチ、解説者などで活躍していた川藤幸三氏の姿も。

text by

ダンカン

ダンカンDankan

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

“燃える男”星野仙一が本当に燃え尽きて天に昇っちまった。

 あれはまだ星野さんが中日の監督時代の沖縄キャンプでの事。取材で中日のグラウンドを訪れていた俺を見つけるや否や「鳥かご(打撃練習用のゲージ)」の後方にいた星野さんがスタスタと3塁側ベンチ前に向かってきた。

「ようダンカン、阪神のスパイか?」

「アハハ、バレました?!」

「当たり前やろ! しかし、阪神相変わらず弱いなあ。よっしゃ、今日は2人で阪神復活を論じ合うか」

「えっ、練習中じゃないですか。だいたい星野さんはライバルチームの監督でしょう」

「アハハ、俺はユニフォーム着て見てるだけや。野球は島ちゃん(故島野育夫氏)に任せといたら大丈夫や」

「でも中日のキャンプで阪神の話って……」

「ええやないか! 大切なのは俺が大の阪神ファンってことや。しかし毎年毎年、なんやあのフロントのヘボ外国人選手の獲り方は! いいかダンカン、俺たちはグラウンドで試合をしてるんやぞ! 戦ってるんや!」

 と熱く語った星野さん。

 そこで一旦終わったかに見えたこの話。実は後に星野さんが阪神の縦ジマのユニフォームに袖を通した2002年の春季キャンプまで話が続いていたのだ。

「ペナントレースが終わったら、なんて呼ばれる?」

 その春季キャンプでの話。

「だからな、俺たちはペナントレースというリーグ戦をグラウンドで必死に戦っているんだよ! で、ペナントレースが終わったら野球界はなんて呼ばれる?」

「シーズンオフですか?」

「アホ! 何とかリーグって言うやろ?」

【次ページ】 監督や球団フロントに、オフシーズンは無い!

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

星野仙一
阪神タイガース
中日ドラゴンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
金本知憲

プロ野球の前後のコラム

ページトップ