テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。
個性が薄れる女子テニス界の異端。
 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2018/01/24 11:30

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。個性が薄れる女子テニス界の異端。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

ハレプに完敗も、初のグランドスラム16強入りに、手応えを感じているようだった大坂。

日本人という枠を越えて世界的な人気を博す。

 大坂は「今では、私のジョークをわかってくれるようになった数少ない人の中の1人」と仲良しぶりを楽しそうに話したが、それと同時に、憧れのセリーナのヒッティング・パートナーをしていたということにちょっとドキドキし、いい緊張感も存在するようだ。

 ハレプには3-6 2-6と完敗しながらも、敗戦後のいつもの会見ほど落ち込んで見えなかったのは、前進の手応えとツアー生活の楽しさがあるからだろう。

 2018年、その高いポテンシャルはどこまで開花するのか。

 大坂なおみ――Naomi Osakaへの興味は、日本の血が流れているからでも、日本人としてプレーすることを選んだからでもなく、別の次元で勝手にうごめき出している。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大坂なおみ
シモナ・ハレプ
アシュリー・バーティ
サーシャ・バイン
セリーナ・ウイリアムズ

テニスの前後の記事

ページトップ