プロ野球PRESSBACK NUMBER

牧田和久は世界中で「打ちにくい」。
アンダースローと緩急で海を渡る。

posted2018/01/25 08:00

 
牧田和久は世界中で「打ちにくい」。アンダースローと緩急で海を渡る。<Number Web> photograph by Kyodo News

パドレスには大リーグでプレーした野茂英雄氏、斎藤隆氏がアドバイザーとして従事。心強い味方だ。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 晴れやかな表情だった。

 ポスティングシステムで埼玉西武ライオンズからサンディエゴ・パドレスへの移籍を決めた牧田和久が1月10日、埼玉・所沢の球団事務所で会見を開いた。

「サンディエゴ・パドレスと無事に契約することができました。けっこう(契約までが)長くなると思っていたので、無事に決まってうれしいです。パドレスは、今はすごく強いチームというわけではないですが、若手が多くて、将来性のあるやりがいのあるチームだと思います。アンダースロー投手はなかなかいないので、それを武器にしていきたいですね」

 カメラのシャッター音が鳴り響く中、こう語って顔をほころばせた。2月の渡米を目指して最終準備に入るという。

 メジャー挑戦のきっかけとなったのは、2013年、2017年と2大会連続で出場したワールドベースボールクラシックだったと語る。

「世界のトップと戦ったときに、こういう舞台で投げたいと思いました。いちばん最近では昨年のWBC、オランダ戦で投げたときですね。シモンズら、強打者を打ち取れたときに、“やれるんじゃないか”という手応えを感じました」

渡辺俊介の一言に押された背中。

 それでも、迷いがなかったわけではない。どうしても自分ひとりで決意できず、同じアンダースロー投手である元ロッテの渡辺俊介(新日鉄住金かずさマジック)に相談した。

 渡辺は牧田に言った。

「他にいない投げ方だから相手バッターは戸惑う。通用する。牧田にはチャンスがあるんだから、ぜひ挑戦してほしい」

 その言葉で、決心が固まった。

「サイドスロー投手はメジャーにも何人かいますけど、アンダースローはいない。必ず強みになると思います。とにかく今、自分が持っているもので勝負することがいちばんの目標です。壁にぶち当たったら、また新たな武器を見つけてどんどん成長していきたいですね」(牧田)

【次ページ】 高校1年でアンダースローをはじめ、プロ入りは地味。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

牧田和久
渡辺俊介
サンディエゴ・パドレス
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ