セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

トッティ引退後のローマを大改革!
華より“汗をかけ”の兄貴分監督。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/01/12 17:00

トッティ引退後のローマを大改革!華より“汗をかけ”の兄貴分監督。<Number Web> photograph by Getty Images

ローマのエンブレムのもと指揮を執るディフランチェスコ監督。その熱血指導はロマニスタに希望を与える。

華は期待できないからこそ「全員で走れ」。

 激しいハイプレスで守備陣をサポートするのは、武骨で質実剛健そのものの中盤だ。

 このチームにトッティが持っていたサッカーの“華”はあまり期待できない。「その分全員で走れ」と現役時代に汗かき役のMFだったディフランチェスコは教え込んだ。

 試合直前のミーティングでは、攻守の選手一人ひとりに合わせて事前に調べあげたマーク相手の弱点や戦況ごとの対処法などを叩き込む。

 0-1と敗れはしたが国内最強とされる相手に互角以上に戦った8節ナポリ戦で自信をつけたローマは、13節のローマ・ダービーで難敵ラツィオを2-1で見事撃破。

 さらにグループリーグ突破は困難とされていたCLでも、本拠地オリンピコでチェルシーを3-0で破るなど快進撃を見せ、首位通過を果たした。

「こんなに充実したシーズンの前半戦は今までなかったんじゃないか。ディフランチェスコが就任してくれたおかげだ。チームの守備が昨季までと比べて格段に良くなっている」

 多くの指揮官に仕えてきたプロ17年目のベテラン主将MFデロッシも、スクデットの威光を持つ“先輩”には素直に耳を傾ける。

 新監督は、大晦日に泥酔状態でSNS動画をアップしたMFナインゴランに、年明けのアタランタ戦でベンチ外としてお灸を据えた。

昨季得点王のジェコがまさかの大スランプ。

 気になるのはエースFWジェコのスランプだ。

 昨季29ゴールを挙げて栄えあるセリエA得点王となったジェコだが、昨秋以来スランプに苦しんでいる。

 開幕直後こそ好調だったが、10月1日の7節ミラン戦を境に当たりがピタリと止まった。

 フィジカルコンディションは万全、前線でアシストプレーもこなし、ボールが来なければ自ら中盤まで走る。昨年末までにリーグ最多69本ものシュートを放ったがネットを揺らすには至らない。リーグ最多4度もゴール枠に嫌われて、1ゴールあたりの所要プレー時間も大幅に悪化している。

【次ページ】 兄貴分として、ボスとしてロッカールームを掌握。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
ローマ
ディフランチェスコ
フランチェスコ・トッティ
エディン・ジェコ
セリエA

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ