プロ野球亭日乗BACK NUMBER

来季巨人の大命題、どう点を取るか。
2番はマギーより坂本が最善手では。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/12/31 11:30

来季巨人の大命題、どう点を取るか。2番はマギーより坂本が最善手では。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

マギーと坂本。ともに3割を打てる能力を持つ右打者だが、走力や小技を考えると2番適性が高いのは坂本かもしれない。

DeNAのように吉川を9番に置いてみるのも一手。

 ただゲレーロが加入し、期待通りとまでいかなくてもある程度の数字を残せば、打線の幅は大きく広がる。

 1番に陽(または長野)が入って2番に坂本を置き、3番からマギー、ゲレーロ、阿部と続いて長野(陽)、吉川、小林誠司と続く打線は悪くはない。またDeNAのように投手を8番に入れ、倉本寿彦のように吉川を9番に起用して1番に繋げる打線も面白いかもしれない。

 決してこれで機動力が武器になるとは言わないが、まったく動けなかった'17年シーズンから、少なくとも指揮官の選択肢は増えるはずだし、上位打線をしっかり固めて得点力を上げることが、下位で若手を抜擢できることにも繋がるはずである。

 野球とは「各チームは、相手チームより多くの得点を記録して、勝つことを目的とする」(野球規則1・02)という競技である。点を取らせないことは負けない方法だが、点を取れなければ勝てない。

 いかに点を取るか。

 '18年の巨人の命題はそこにある。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
読売ジャイアンツ
坂本勇人
ケーシー・マギー
高橋由伸

プロ野球の前後の記事

ページトップ