スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

ヤンキー・スタジアムと右の強打者。
ジャッジ+スタントンで100本超え?

posted2017/12/30 08:00

 
ヤンキー・スタジアムと右の強打者。ジャッジ+スタントンで100本超え?<Number Web> photograph by AP/AFLO

スタントン加入によって破壊力アップ確実なヤンキース打線。2009年以来の世界一へ、時は来た。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

AP/AFLO

 ヤンキースは左打者の王国だった。

 ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグ、ミッキー・マントル(両打ち)、ロジャー・マリス、レジー・ジャクソン、ドン・マッティングリー……ほかにもいるが、球史に残る左のスラッガーが勢ぞろいだ。一方、右打ちのスラッガーは少なかった。ジョー・ディマジオ、デイヴ・ウィンフィールド、アレックス・ロドリゲス……いたことはいたが、数は少ない。

 かつてヤンキースで監督やGMを務めたことのあるジーン・マイケル(2017年9月病没)などは、「ヤンキー・スタジアムで勝つには、左打者と左投手が欠かせない」と公言してはばからなかった。

 なるほど、右翼が浅く、左中間が深い球場の形状を見れば、普通はそう考えたくなる。「ベーブ・ルースが建てた家」という呼び名も広く知れ渡っている。1923年に開場したとき、左中間最深部までの距離が152.5メートルもあったのに対し、右翼までの距離は90メートルしかなかった。だれが考えても、左打者に有利だ。

 だが、球場の形状は変わった。'09年4月に誕生した新ヤンキー・スタジアムの左中間最深部は122メートルで、右翼までは95.7メートルある。左翼ポール際までが96.9メートルだから、他の球場とそんなに大きな差があるわけではない。しかも左中間や右中間のふくらみは、昔に比べるとずいぶん削られた。本塁打が出やすい条件は十分に整ったといってよいのではないか。

52本のジャッジ。59本のスタントンが並ぶ魅力。

 しかも2017年には、大型新人アーロン・ジャッジが出現した。

 ジャッジは52本のホームランを打って、本塁打王と新人王に輝いた。52本のうち、本拠地ヤンキー・スタジアムで打った本塁打は33本。そのうち12本は、センターより右側に飛んでいる。それも、ボールを強く叩いたというよりも、巧くバットに乗せて客席まで運んだ印象の本塁打が多い。反対方向にこれだけ本塁打を打てる右打者といえば、彼以外にはJ・D・マルティネスぐらいしか思い当たらない。

 これを、ヤンキースに新加入したジャンカルロ・スタントンに当てはめたら、どうなるだろうか。

 '17年のスタントンは、59本のホームランを打ってナ・リーグ本塁打王に輝いた。59本のうち31本は、本拠地のマーリンズ・パークで放っている。ただ、この球場は、ヤンキー・スタジアムに比べると本塁打が出にくい。

【次ページ】 177試合で53本を打っているサンチェスにも注目を。

1 2 NEXT
ニューヨーク・ヤンキース
アーロン・ジャッジ
ジャンカルロ・スタントン
ゲイリー・サンチェス
田中将大

MLBの前後のコラム

ページトップ