話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

東京五輪世代初のA代表も出場ゼロ。
初瀬亮は遠藤保仁の道を歩めるか。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/12/24 07:00

東京五輪世代初のA代表も出場ゼロ。初瀬亮は遠藤保仁の道を歩めるか。<Number Web> photograph by Getty Images

現代表のサイドバックは序列が明確になっている。食い込むのが厳しいとはいえ、初瀬は虎視眈々とチャンスを狙う。

「ひとりずつ上の人を食っていくしかない」

 代表の右サイドバック争いではレギュラーの酒井宏樹、さらに酒井高徳もいる。前述した室屋、植田を含めた競争を戦って勝ち抜いていかなければならない。

「みんな、すごい選手ですけど、何が起こるか分からないですからね。サイドバックが故障するとか、そういうアクシデントがないわけじゃない。自分は、ここに呼ばれている以上は目指す先はロシアW杯だと思っているし、来年もチャンスがあると思うんです。ガンバは監督が代わりますけど、キャンプからアピールして開幕から全力でプレーしていきたい。ここで使わなかったことを後悔させるぐらいの活躍したいですね。とにかくここからひとりずつ上の人を食っていくしかない。今、メラメラしているんで、やってやりますよ」

 初瀬は、そういって大胆不敵な笑みを浮かべた。

 代表招集されたり、W杯メンバーに選ばれても出場機会を得られなかった選手はこれまでも数多い。例えばガンバ勢では、遠藤保仁が2006年ドイツ大会でフィールドプレイヤーとして唯一、出場機会を得られなかった。遠藤は、その悔しさをバネに2010年南アフリカ大会でプレーし、メインキャストになった。

 偉大な先輩が歩んできた道程を初瀬も歩めるのか。

 出場時間ゼロは、そのスタートになる。

関連記事

BACK 1 2 3
初瀬亮
ガンバ大阪
遠藤保仁
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ