プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

「東洋の神秘」グレート・カブキ引退。
ペイントと赤と緑の毒霧が綴る伝説。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2017/12/21 10:30

「東洋の神秘」グレート・カブキ引退。ペイントと赤と緑の毒霧が綴る伝説。<Number Web> photograph by Essei Hara

額の傷から鮮血が噴き出る……カブキとムタの戦いは、忘れられない死闘となった。

普段プロレスを扱わない一般紙までが報じた日本凱旋。

 カブキの日本凱旋当時、普段プロレスを扱わなかった朝刊スポーツ紙でも記事が組まれた。

 ジャンルとしては怪奇レスラーに属するわけだが、カブキという名前が世間的にはよかったようだ。少年マンガ誌やテレビでもしっかり話題になっていった。

 そのおかげもあって、招聘したジャイアント馬場率いる全日本プロレスのシリーズも、カブキ人気で盛況となった。

 大人気となったカブキは、NWA王者リック・フレアーとも世界戦を戦うことになる。さらには、三沢光晴のタイガーマスクとも戦った。

「My Son……」のセリフが原因で、家庭は大騒動。

 アメリカでのWCW時代、ひとつ困ったことが起きた。

 新日本プロレスからアメリカ武者修行にやって来た武藤敬司がザ・グレート・ムタになった時、カブキがムタに「My son……」と語りかけるシーンがあったのだ。

 試合が終わって家に戻ると雰囲気がいつもと違う。奥さんがすごく怒っていたという。

 カブキが知らぬ間にカブキ家では「隠し子騒動」が巻き起こっていたのだ。

 全米にテレビ中継されていた、この父子の再会シーンを見ていた奥さんが「何、パパ! 大きな子がいたのね。隠して黙っていたわけ!(怒)」ということになったらしい。

 直接カブキ本人から聞いた話だが、あまりにも出来過ぎた話なので、その場で本人に何度も念を押してみたくらいだ。

「いや、本当ですよ。説明するのが大変だったんですから。こっちは冷や汗ものでしたよ」と言って、カブキは笑っていた。

【次ページ】 カブキvs.ムタ、忘れられない血まみれの死闘。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ザ・グレート・カブキ
ザ・グレート・ムタ
リック・フレアー
ジャイアント馬場

プロレスの前後のコラム

ページトップ