野球善哉BACK NUMBER

人間の体の中身は左右対称ではない。
菊池雄星が始めた「左特有の投げ方」。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/12/04 08:00

人間の体の中身は左右対称ではない。菊池雄星が始めた「左特有の投げ方」。<Number Web> photograph by Kyodo News

同じ投手でも、利き腕が違えば“理想のフォーム”も違う。菊池の取り組みは、サウスポーにとって大きなヒントとなる。

「体が左右対称ではないと知ってもらいたい」

 実際、菊池によると、投球動作の体重移動について、右投手のコーチと左投手のコーチでは指導アプローチが異なるという。打者に向かっていくときの右腕は“スクエア(真っ直ぐ)に行け”というのが右投手コーチで、“(右肩を)中に入れてもいい”というのが左投手だ。だが実際、左投手の身体の形状や働きではスクエアに行きづらい。菊池もそう感じていた。

 つまり、右投手と同じアプローチで、左投手育成にあたるのは、その投手の可能性を狭める可能性がある。

 今シーズン中、菊池のもとにある若手左腕から自主トレ参加の申し込みがあったという。チーム事情やケガなどで実現こそしなかったが、悩める左腕たちは、成長を止めない菊池に教えを請うことで、左投手特有の悩みが解決できるのではと思ったに違いない。

「まずは、体が左右対称ではないということを知ってもらいたい」

 菊池は誰に訴えるでもなく、そう呟いていたことがあった。

 左投手と右投手とでは、身体の形状が異なるため投球フォームのアプローチが大きく異なる。その事実から、大型左腕育成は始まるのではないか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

埼玉西武ライオンズ
菊池雄星
土肥義弘

プロ野球の前後のコラム

ページトップ